パニック障害の克服法

パニック障害 2つの治療法

パニック障害の治療法で、一番行われているのが「薬事療法」です。心療内科などで薬を処方してもらいます。しかし、お薬での治療は副作用や薬をやめたたきの離脱症状が心配されます。また、「薬を飲まないと、不安でしょうがない」と言う精神面での依存性が出てくる可能性があります。

 

では、パニック障害の治療法として良いものは何でしょうか。パニック障害の治療法として効果的なのは、恐怖心や不安感を取り除くことです。その恐怖心や不安感を取り除くためのパニック障害の治療法として「認知療法」があります。パニック障害の方は、外出先での発作を恐れたり、電車やエレベーターの中で発作を起こした方は、その場所でまた発作が起きるのではないかという恐怖心を持っています。

 

パニックの発作と身の回りの状況・体の感覚が、パニック発作をおこすときにどう関係して行くかを認識して行きます。そして、回避のコントロールを自分自身で把握して行くというパニック障害の治療法です。自分が発作を起こしそうな場所でも、落ち着いてその場所に居られる事を目的とした治療法です。

 

金本博明 パニック障害 DVD


FX人気

認知療法.com